会員ページへのログインはこちら

お知らせ

2020/03/13

お知らせ

大阪府住宅供給公社が大型商業施設「フレスポしんかな」にスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」を設置!

  • sub3
  • sub1
  • sub2

 大阪府内で賃貸住宅の提供などの事業を行う大阪府住宅供給公社(本社:大阪市中央区、 理事長:堤 勇二、 以下、 公社)は、 公社が所有している大型商業施設「フレスポしんかな」(堺市北区)にスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT(チャージスポット)」を本日、 3月12日(木)から設置します。

※画像:「バッテリースタンドChargeSPOT」(上)、「モバイルバッテリー」(下左)、「フレスポしんかな」(下右)

 本サービスは、 アプリをダウンロードし、 アカウントの登録後、 バッテリースタンドのQRコードを読み取るだけでモバイルバッテリーを借りることができ、 使用後は最寄りの「ChargeSPOT」に差し込むだけで返却することができる、 モバイルバッテリーシェアリングサービスです。
 今回、 自社物件の大型商業施設「フレスポしんかな」内に設置することで、 地域住民及び施設利用者の利便性の向上を図るとともに、 災害時には無料貸し出しすることで、 地域防災への貢献にも取り組んでいきます。

■「ChargeSPOT」とは?
 株式会社INFORICH(インフォリッチ)(東京都渋谷区)が提供している日本シェアNo.1のモバイルバッテリーシェアリングサービスです。 外出時にスマートフォンのバッテリーが残り少なくなったときなどに、 最寄りの「ChargeSPOT」でモバイルバッテリーを借りて、 日本全国の「ChargeSPOT」のどこにでも返却することができます。 USB-C/iOS/Micro USBの3タイプのケーブルが内蔵されており、 ほぼ全てのスマートフォンに対応可能。 また、 容量は5,000mAh、 利用料は最初の1時間未満は150円(税抜)、 その後1時間超~48時間まで300円(税抜)と手頃な価格設定となっています。

▽「ChargeSPOT」の詳細については、 株式会社INFORICHのwebサイトをご覧ください。
https://www.chargespot.jp/


■「フレスポしんかな」のその他の取り組み
「フレスポしんかな」では、 堺市と連携して敷地内に「シェアサイクル・ポート」を設置し、 公共交通の機能補完や地域活性化などを目的とした「堺市シェアサイクル実証実験」を3月10日(火)から開始するなど、 地域・社会的課題の解決に向けた取り組みに注力しています。
 

「フレスポしんかな」の外観
■フレスポしんかなの概要
場所   : 大阪府堺市北区新金岡5-1-1
アクセス : 地下鉄御堂筋線「新金岡」駅下車徒歩3分。
営業時間 : 10:00~20:00(年中無休)
       ※店舗により、 営業時間が異なります。
施設概要 : 商業施設棟 地上6階、 地下1階
公式WEBサイト   :  https://www.e-frespo.com/shinkana/

管理・運営 : 大和リース株式会社

◆大阪府住宅供給公社概要
代表者    : 理事長 堤 勇二
所在地    : 大阪市中央区今橋2丁目3番21号
創業       : 1950年6月
事業内容 : 賃貸住宅など管理事業、 耐震化事業、 建替事業、 府営住宅管理事業など
基本金    : 3,100万円(全額大阪府出資)
公社WEBサイト :  https://www.osaka-kousha.or.jp/

公社は、 国連目標であり、 2025 年大阪・関西万博が達成目標に掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現を目指しています。 とりわけ、 SDGs目標11「住み続けられるまちづくりを」および目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」の実現に向けて事業展開を行っており、 関係機関と連携して様々な取り組みを進めています。
ページの先頭へ