会員ページへのログインはこちら

お知らせ

2020/04/10

お知らせ

神奈川県住宅供給公社と大阪府住宅供給公社が「創立70周年」を公表

令和2年4月1日、神奈川県住宅供給公社と大阪府住宅供給公社が、それぞれ70周年を迎えることを公表しました。
両公社ともに、70周年を記念する新しいロゴマーク等を公表し、将来に向けたメッセージと決意を発表しています。
是非、それぞれの公社の公表内容をご覧ください。

神奈川県住宅供給公社ニュースリリース
https://www.kanagawa-jk.or.jp/files/upload/20200406172501.pdf
大阪府住宅供給公社プレスリリース
https://www.osaka-kousha.or.jp/x-whatsnew/pdf/PressRelease_2020-04-01.pdf


【地方住宅供給公社法の施行は昭和40年(1965年)、なぜ70周年なのか?】
昭和25年に住宅金融公庫が設立され、この融資を受けて賃貸住宅を建設し管理する主体として各都道府県や大都市が財団法人(住宅協会や住宅公社)を設立しました。
この財団法人が現在の住宅供給公社の前身となっています。
その後、住宅協会等は公庫の融資制度にあわせて分譲住宅等の建設も行い、各地域の実情にあったきめの細かい住宅建設を行い、日本住宅公団(現UR都市再生機構)と相並んで、国の住宅行政の実施部門を担ってきたものです。
現在の住宅供給公社は、そのほとんどが昭和40年の公社法施行以前から財団法人として設立されており、一番古く昭和25年に設立された住宅協会や住宅公社の場合、2020年度が数えて70周年となるものです。
※昭和25年に設立された公社等
 ・北海道住宅公社(昭和25年11月20日) ・神奈川県住宅公社(昭和25年9月15日)
 ・愛知県住宅協会(昭和25年12月20日) ・京都府住宅協会(昭和25年10月26日)
 ・大阪府住宅協会(昭和25年6月8日)  ・山口県住宅公社(昭和25年11月30日)
 ・福岡県住宅協会(昭和25年7月21日) ・長崎県住宅協会(昭和25年9月20日)
 ・北九州市住宅協会(昭和25年8月11日)
 ※東京都住宅協会〔東京府住宅協会〕は大正9年2月14日設立


ページの先頭へ