会員ページへのログインはこちら

お知らせ

2020/12/22

お知らせ

【大阪府住宅供給公社】
枚方市駅前の枚方団地の建替事業スタート
~建替事業提案競技 事業者募集開始~

民間事業者の意欲的な事業提案を求め、建替事業提案競技を実施します

大阪府内において公社賃貸住宅SMALIO(スマリオ)を提供する大阪府住宅供給公社(本社:大阪市中央区、理事長:山下久佳)は、「枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業」に参画し、特定建築者制度を活用して枚方市駅北側に隣接する枚方団地の建て替えを実施することを発表しました。
民間事業者の持つノウハウや技術力を生かした意欲的な提案事業を求めるため、建替え事業提案競技により事業者選定を行うとのことです。

提案に求める視点として、5点を挙げています。
① 若年・子育て世帯等を支援するための工夫
② 玄関廻りの動線やテレワークスペースなど、新しい生活様式への対応
③ コワーキングスペースやセンカンドリビングとしての活用など、集会所等の新たな活用方法
④ イベント等の活用方法や利便性の高い店舗の提案など駅前広場や店舗を活用したにぎわいの創出
⑤ 非常用電源など災害時でも施設を継続して利用できる工夫

今後の予定は次のとおりです。
◆提案競技募集要項公表 2020年12月18日
◆事業者の選定 2021年4月下旬
◆本体工事着工 2022年4月上旬
◆建物完成   2024年1月下旬

枚方団地の現況及び計画概要、事業提案の詳細(募集要項)については、
大阪府住宅供給公社のプレスリリースをご覧ください。
https://www.osaka-kousha.or.jp/x-whatsnew/pdf/PressRelease_2020-12-18.pdf
ページの先頭へ