会員ページへのログインはこちら

お知らせ

2020/12/24

お知らせ

【東京都住宅供給公社】
新しいタイプの高齢者向け賃貸住宅「JKKシニア住宅(仮称)」を整備!
~第一弾は小金井市「小金井本町住宅」で供給~

サ高住に比べて低廉な月額負担に‼

東京都の政策連携団体である東京都住宅供給公社(本社:東京都渋谷区、理事長:中井敬三)は、高齢者が低廉な負担で住み慣れた地域で安心して住み続けられるよう、団地の建替事業において一部の住戸を高齢者向けの賃貸住宅「JKKシニア住宅(仮称)」として、新たに整備することを発表しました。
第一弾として、小金井本町住宅で供給し、今後も住宅の立地や居住者のニーズを踏まえて整備していくとのことです。

■「JKKシニア住宅」の特徴
① 室内の段差解消や手すり設置等に加え、車いすの移動にも配慮したバリアフリー設計
② センサーや緊急通報装置による見守り・駈け付けサービス
③ 東京都住宅供給公社がこれまでに供給したサービス付き高齢者向け住宅に比べて低廉な月額負担

■整備概要
「小金井本町住宅」(昭和35~36年建設、総戸数770戸)において、既存住棟の一部を建替え、このうち40戸を「JKKシニア住宅」そして整備。また建替えにより創出した用地を活用し、特別養護老人ホームを誘致するとともに、地域の交流・憩いの場となる都市計画公園を整備する予定。
・所在地  小金井市本町4-5ほか
・アクセス JR中央線「武蔵小金井」駅徒歩15分
・棟数・戸数 1棟244戸(25㎡~75㎡)
       うちJKKシニア住宅40戸(25㎡・35㎡)
・構 造  鉄筋コンクリート造・7階建
・工 期  令和3年着工、令和5年竣工(予定)

詳しくは、東京都住宅供給公社の報道発表をご覧ください。
https://www.to-kousya.or.jp/k_news/r2_12_22press.html
ページの先頭へ