会員ページへのログインはこちら

お知らせ

2022/05/24

お知らせ

【東京都住宅供給公社】
センサー機器による「見守りサービス」を本格スタート

2方式で本格実施
ヤマト運輸株式会社(LED電球)または東京ガス株式会社(ドアセンサー)

東京都住宅供給公社(JKK東京)は、これまで実証実験を行ってきた「見守りサービス」を令和4年4月から本格的に提供することを発表しました。
見守りサービスの提供事業者は、(1)ヤマト運輸株式会社と(2)東京ガス株式会社の2社。
それぞれの「見守りサービス」の概要は次のとおりです。

(1)ヤマト運輸株式会社

 通信機能を備えたLED電球を住宅内で日常的に使用するトイレ等に設置し、一定時間、点灯や消灯が確認できなかった場合、設置先(高齢者の方等)であるご本人へ電話確認を行うとともに、事前に登録いただいた通知先(ご家族等)の方への状況報告を行います。(月額利用料金:1,078円(税込))

(2)東京ガス株式会社
 通信機能を備えたセンサー機器を住宅内で日常的に使用するトイレのドア等に設置し、一定時間、開閉が確認できなかった場合、事前に登録いただいた通知先(ご家族等)の方へ状況報告を行います。 なお、希望する世帯に対してはオプションサービスとして、設置先(高齢者の方等)であるご本人への電話確認を行います。(月額利用料金:990円(税込))

詳しい情報は、東京都住宅供給公社(JKK東京)の報道発表資料をご覧ください。
https://www.to-kousya.or.jp/k_news/r4_4_25press.html

ページの先頭へ