会員ページへのログインはこちら

お知らせ

2022/12/12

お知らせ

【神奈川県住宅供給公社】
「人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業」に竹山団地における提案事業が選定!

選定事業
竹山団地における遊休資産活用型・産官学民連携による
「健康・つながり・まち」づくり

神奈川県住宅供給公社の竹山団地(横浜市緑区)における提案事業が国土交通省の「人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業」に選定されました。本事業は、高齢者、障害者、子育て世帯など誰もが安心して暮らせる住環境の整備を促進するため、ライフステージに応じて変化する居住ニーズに対応したモデル的な取組を実施する民間事業者等を公募し、学識経験者からなる評価委員会を経て、先導性が認められたプロジェクトを支援するものです。

〇選定事業
 竹山団地における遊休資産活用型・産官学民連携による「健康・つながり・まち」づくり
〇代表提案者
 神奈川県住宅供給公社
〇共同提案者
 学校法人神奈川大学、特定非営利活動法人KUSC
〇事業テーマ(課題設定型)
 ・多様な世帯の互助を促進する地域交流拠点の整備
 ・長く健康に暮らせる高齢者住宅の整備
 ・住宅団地の再生につながる地域の居住継続機能の整備
〇提案概要
 団地センター地区の空き店舗等を改修し、介護予防と参加型の健康スタジオ、多世代のつながりづくりの拠点施設として整備する。また、施設の運営にあたり、介護事業者による運動プログラムの作成、大学生や地域住民によるスタッフ参加等、地域ぐるみで高齢者の健康指標改善とコミ ュニティの活性化を図り、事業効果の検証を行う。

※ 詳しくは、別添の国土交通省プレスリリース資料、事業概要及び評価概要をご参考ください。
ページの先頭へ